培養肉とネーミング。

科学技術は進歩して、いまは食肉を人工的に作れるようですね。

動植物の細胞を培養して、「肉をつくる」のだとか。


うーん。。

遺伝子組み換えくらいの話ではないかも知れませんね。

地球上に無かったものを食べるような気がします。


その名も「培養肉。」

怖くて食べれません(^^;


ただ、これも名前を変えて、「スローターフリー(解体しない肉)」や、「クリーンミート」などと呼んでいるそうです。


そんな名前なら食べてみようかという気になります。

ネーミングとは良くも悪くもすごい力があるものです(^^;


日本でも魚の生肉でなくて「刺身」だから美味しく頂けるのかもしれません。


ちょっと話がずれましたが、どんなモノでもその本質を見極めていきたいですね。

↓写真はホンモノのお肉です(^^;

TOMO健康応援隊

暮らしの中に 健やかコンシェルジュ

0コメント

  • 1000 / 1000