秋のお彼岸。

いまは秋のお彼岸ですね。

お彼岸を改めて調べてみました。


仏教ではご先祖様のいらっしゃる世界を「彼岸(ひがん)」といい西に位置します。

私達がいる世界は「此岸(しがん)」といい東に位置します。


3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、

「彼岸」と「此岸」がもっとも通じやすい日と考えたと。


ですから、この時期にご先祖の供養をするようになったそうです。

昼と夜の長さが同じときであり、宇宙的にも何か神秘的なものを感じますね。


お彼岸の中日である秋分の日は過ぎましたが、お彼岸の明けは25日(金)です。

あと2日間ほどある今年の秋のお彼岸。


お盆やお正月のにぎやかさと違う、しっとりとしたこの時間。

静かにご先祖様に思いを向けてみては如何でしょうか。

TOMO健康応援隊

暮らしの中に 健やかコンシェルジュ

0コメント

  • 1000 / 1000