避難場所の安全。

熊本の球磨川の氾濫にはじまり、九州各地が線状降水帯の恐怖に襲われたのが先週の月曜日ごろ。約1週間が過ぎましたが、気持ち的なものか疲労感でいっぱいです。

私たちも安全のため、姉の家に三日ほど避難し大変お世話になりました。


避難した後、姉の家でニュースを見てたら、我が家から徒歩5分の避難場所である小学校の様子がテレビで報道されてました。


あれ。あの辺は土地が低いのに、何故にわざわざ人が集まってるんだろう。。

まぁ、みんな一緒にいたらそれが安全なのかもしれませんが。


隣町では、同じく避難所に指定された小学校が冠水して、自衛隊がボートで避難した人たちを更に救助してました。


お役所は決められた通り、決められた避難所に避難指示を出すだけなのですね。

隣町の長は、そのことをテレビで反省されてましたけど。。

日本人らしいといえばそうかもしれません。


何が起こるか分からないこの時代、何事も自分で考えて行動することが大事なようですね。

TOMO健康応援隊

暮らしの中に 健やかコンシェルジュ

0コメント

  • 1000 / 1000