国産レモンの安心。

瀬戸内を中心とした国産レモンは無農薬(ほぼ?)な安心を誇るようです。

そんな話は聞いたことはありますが、きっかけは40~50年前に起きた、外国からの輸入レモンの有毒性が見つかったからだと。


これにより、ミカンの生産に落ち着いていた瀬戸内の農家を、レモン栽培に導いた方がいらしたのようです。


瀬戸内のお土産はレモンでいっぱいですもんね。

いまごろその意味が分かりました(^^;


21世紀の公害は目に見えないものらしいです。


食品添加物、電磁波…目に見えません。

せめて食品ラベルくらいは見るようにしてますけどね。。

カタカナとアルファベットが多いものは買いたくないですねー。


あまり安いものにはウラがあるかもしれませんから、バランスに注意してお買い物したいですね。

TOMO健康応援隊

暮らしの中に 健やかコンシェルジュ

0コメント

  • 1000 / 1000